要注意!メンズ白ソックスの4つのNG



お洒落メンズから「ダサかっこ良い」との評価得て、今やお洒落アイテムの仲間入りを果たした白ソックス。

そんな白ソックスは「ダサかっこ良い」からこそ、コーディネートで失敗すると「ただダサい」だけのアイテムにもなるリスクを孕んでいます。

今回はそんな落とし穴を回避するべく、白ソックスの4つのNGについてご紹介したいと思います。

NG① 出し過ぎ

出し過ぎとは、パンツの丈が短過ぎることで白ソックスが過度に露出してしまうことです。

最近では、アンクルパンツが新しい定番スタイルとして注目を集めていますが、中には丈がかなり短いものもあり、また丈自体はそこまで短くなくとも、ウエスト位置によってはパンツが上がってしまい、結果として丈が短く見えるというものもあります。

出典:Champion HP

基本的には白ソックスはダーク系パンツと相性が良いアイテムになっています。
ところが、ダーク系と白というのは色のコントラストがより強調されるため、白ソックスの露出面積がある一定を超えると、その分「ダサい」比率が上がってしまいます

NG② 明るい色のパンツと組み合わせ

本来白ソックスは”外し”のコーディネートとして使うアイテムです。
明るいパンツ(例えば白、赤、青、黄色など)もまた”外し”コーディネートのアイテムです。

これら2つを合わせてしまうと、過度に”外し”効果が出てしまい、的外れもコーディネートになってしまいます。
これは靴に同様に言えることで、白ソックス履く際は、パンツや靴などの隣接するアイテムは明るい色ではなく、ダーク系の色を選ぶことをオススメします。

出典:靴下屋 HP

NG③ くるぶしorアンクル丈白ソックス

中途半端な丈のソックスは御法度です。
前述の通り、ダーク系のパンツや靴に白ソックスを取り入れることで、色のコントラストを演出し、”外し”効果を引き出すことが、白ソックスを履く上でのポイントになります。

くるぶし丈やアンクル丈のような中途半端な丈にしてしまうと、肌が見えてしまい色のコントラストを演出できないだけでなく、足元に余計な色(肌色)が加わることで、ビジーな印象になってしまします。

出典:靴下屋 HP

ですので、白ソックスを履く場合は、しっかりとすねの高さまであるものをオススメします。

NG④ スーツとの組み合わせ

スーツに革靴というビジネススタイルに白ソックスを合わせるのはとんでもなく危険です。
繰り返しになりますが、白ソックスは”外し”のアイテムになりますで、カチッとキメることが求められるビジネスシーンとはアンマッチになります。
基本的にはスーツの色にに合わせた靴下を選ぶことがベターです。

ただし、昨今はオフィスカジュアルとしてのコーディネートが多くの企業で導入されてきています。
例えば、ネイビーのスーツに白スニーカーを合わせるコーディネートの時などは、白ソックスを合わせるコーディネートもお洒落コーディネートになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA