夏のシックなコーディネート!ドライカノコポロシャツを着るならこんな風に



夏になると、気温に対応するために、堅苦しいドレスアイテムよりも、軽快で着心地が良いカジュアルなアイテムを身に着ける機会が多くなると思います。

Tシャツや短パン、サンダルなど、コーディネートによっては、子供っぽく見えてしまいます。

また、UNIFORMがおすすめしているダークカラーも、大人っぽく見せるために重要なカラーですが、夏にダーク系で統一したコーディネートをしていると、どうしても暑苦しい印象を与えかねません。

アイテムもカラーも、カジュアル寄りになってしまう夏は、実はコーディネート上、とても難しい季節になります。

そこで、本記事では、夏でも暑苦しさをなくしながら、シックな印象を演出できるコーディネートをご紹介します。


ドライカノコポロシャツを着るならこんな風に

使用アイテム
トップス:ドライカノコポロシャツ(ユニクロ)
ボトムス:スキニージーンズ(GU)
シューズ:スタンスミス(adidas)

トップスにはグレーのドライカノコポロシャツ、ボトムスにはブラックのスキニージーンズを採用しています。

ダーク系の落ち着いた色を合わせることで、シックで大人な印象を演出するだけでなく、スッとした、細身の印象を与えてくれるようにしています。

一方、気温が高く、白やブルー系の色が映える夏にダーク系の色で纏めると、暑苦しい印象を与えかねません。

また、無事でシンプルなアイテムを、同色系で合わせているので、地味なコーディネートにも見えてしまいます。

そこで、敢えてシューズには白スニーカーを持ってくることで、軽快な印象や涼しげな印象を演出しています。

これで、重く暑苦しい印象をうまく打ち消しています。

また、トップスとボトムスのダークカラーとのコントラストを演出することで、地味な印象もうまく払拭しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA