半袖×半ズボン×サンダルでも大丈夫!カジュアル感を抑えるならこんな風に



気温が上がる夏は、どうしても身軽でシンプルなものを着たくなります。

装飾が多いアイテムや、肉厚な素材を使ったアイテムは、着ている本人が快適でないだけでなく、周囲の人も、どこか暑苦しいような気分になります。

そうしたTPOを踏まえたアイテム選びをできない人は、漏れなく「ダサい」人の烙印を押されてしまします。

一方で、身軽でシンプルなアイテムは、往々にして安っぽく見えてしまったり、カジュアル色が強くなり、子供っぽく見えてしまったりする危険性があります。

特に、身軽で着心地の良いTシャツやショートパンツは、どうしてもカジュアルな印象を与えてしまいます。

これが、夏は大人っぽい格好をすることが難しいと言われる所以です。

そこで、本記事では、半袖×半ズボン×サンダルでも、大人っぽく着こなすコーディネートについて、ご紹介したいと思います。



半袖×半ズボン×サンダルでも大人っぽく着るならこんな風に

使用アイテム
トップス:ドライカノコポロシャツ(ユニクロ)
ボトムス:ショートパンツ ウォッシュストレッチチノショーツ(COEN)
シューズ:アリゾナ_EVA(ビルケンシュトック)



特に今年の夏は異常気象とも言われる暑さなので、どうしても「半袖×半ズボン×サンダル」という軽快なコーディネートは避けて通れません。

一方、「半袖×半ズボン×サンダル」はカジュアル要素満載であり、子供っぽい印象となってしまいます。

そこで、まずトップスには、ユニクロのドライカノコポロシャツを持ってきています。

やはり襟があるトップスの方が、襟がないトップスに比べて、よりフォーマルな印象となります。

また、視線は顔の周りに集まりやすいので、顔の近くにこうしたフォーマルな要素があるだけで、グッとカジュアル感を抑えてくれます。

トップスとボトムスのカラーは、夏らしく爽やかな印象を演出するために、明るい色を採用していますが、シューズにダークカラーの最上級であるブラックを持ってくることで、全体の印象を引き締めるようにしています。

「快適なコーディネートが良いけど、子供っぽくなりたくない」という方は、是非参考にしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA