Tシャツでも大人っぽい!Tシャツを着るならこんな風に



気温が上がる夏は、どうしても身軽でシンプルなものを着たくなります。

装飾が多いアイテムや、肉厚な素材を使ったアイテムは、着ている本人が快適でないだけでなく、周囲の人も、どこか暑苦しいような気分になります。

そうしたTPOを踏まえたアイテム選びをできない人は、漏れなく「ダサい」人の烙印を押されてしまします。

一方で、身軽でシンプルなアイテムは、往々にして安っぽく見えてしまったり、カジュアル色が強くなり、子供っぽく見えてしまったりする危険性があります。

特に、身軽で着心地の良いTシャツは、どうしてもカジュアルな印象を与えてしまいます。

これが、夏は大人っぽい格好をすることが難しいと言われる所以です。

そこで、本記事では、Tシャツを大人っぽく着こなすコーディネートについて、ご紹介したいと思います。


Tシャツを大人っぽく着るならこんな風に

使用アイテム
トップス:USコットン ポケットTシャツ(JOURNAL STANDARD)
ボトムス:イージーアンクルパンツ ウールライク(ユニクロ)
シューズ:レザーローファー(無印良品)


やはり、Tシャツはカジュアル色が強く、子供っぽい印象を与えるアイテムになります。

そこで、Tシャツ以外のアイテムを、徹底的にドレスライクなアイテムにすることで、全体のバランスを整え、大人っぽい印象を作り出しています。

スラックスを想起させるシルエット、素材感を持つイージーアンクルパンツと、フォーマル感が強いレザーローファーが、大人っぽさを演出してくれます。
(逆に、イージーアンクルパンツとレザーローファーに、Tシャツを合わせることで、過度にフォーマルになることを防ぎ、”キメ過ぎ”を防止しているという見方もできます。)

ここでのポイントは、ボトムスとシューズを、両方ドレスライクにすることです。

仮に、シューズがレザーローファーでなく、スニーカーなどを合わせた場合は、どうしても子供っぽさを払しょくすることができません。

カジュアル色の強いアイテムを使用する時は、ほかのアイテムを徹底的にドレスライクにするなどの調整方法が必要になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA