王道の夏コーディネート!Tシャツ×ショートパンツを着るならこんな風に



気温が上がる夏は、どうしても身軽でシンプルなものを着たくなります。

装飾が多いアイテムや、肉厚な素材を使ったアイテムは、着ている本人が快適でないだけでなく、周囲の人も、どこか暑苦しいような気分になります。

そうしたTPOを踏まえたアイテム選びをできない人は、漏れなく「ダサい」人の烙印を押されてしまします。

一方で、身軽でシンプルなアイテムは、往々にして安っぽく見えてしまったり、カジュアル色が強くなり、子供っぽく見えてしまったりする危険性があります。

特に、身軽で着心地の良いTシャツやショートパンツは、どうしてもカジュアルな印象を与えてしまいます。

これが、夏は大人っぽい格好をすることが難しいと言われる所以です。

そこで、本記事では、Tシャツ×ショートパンツでも、大人っぽく着こなすコーディネートについて、ご紹介したいと思います。


Tシャツ×ショートパンツでも大人っぽく着るならこんな風に

使用アイテム
トップス:USコットン ポケットTシャツ(JOURNAL STANDARD)
ボトムス:ショートパンツ ウォッシュストレッチチノショーツ(COEN)
シューズ:スタンスミス(adidas)


ダーク系の色は、スタイリッシュで大人っぽい印象を演出することができますが、その一方で、”夏っぽさ”を欠いてしまうという欠点がありました。

そこで、今回のコーディネートでは、”夏っぽさ”を演出するために、白(トップス)×ベージュ(ボトムス)×白(シューズ)という配色で、ホワイト系に重心を置いています。

ここでの、ポイントはホワイト系で統一することです。

仮に、シューズにダーク系を持ってくると、シューズだけが浮き出たような形になり、どこかチグハグな印象を与えてしまします。

一方で、ホワイト系は膨張色であるため、どこか野暮ったい印象になりがちです。

なので、そこはシルエットでカバーします。

少しゆとりのあるJOURNAL STANDARDの「USコットン ポケットTシャツ」と、細身のCOENの「ショートパンツ ウォッシュストレッチチノショーツ」を組み合わせることで、Vラインを作り、膨張しているように見えない工夫をしています。

また、シューズにはエレガントさを持つadidasの「スタンスミス」を持ってくることで、カジュアルになり過ぎないようにバランスを取っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA