機能性抜群!ユニクロのドライカノコポロシャツ



気温が上がる夏は、ほかの季節よりもこだわりたいのが「機能性」です。

気温が高く、汗をかく環境下で、「機能性」が低いアイテムを一日中身に着けていると、自分自身として不快感があるだけでなく、汗がうまく吸収されずに肌荒れの原因になったり、うまく汗の臭いが処理されず体臭の原因になったりと、様々な危険を孕んでいます。

また、そうした肌荒れや体臭などは、周囲に対して不潔な印象を与えかねません。

お洒落を目指す上で、清潔感は絶対条件です。

そこで、本記事では、そんな暑い夏にぴったりのユニクロのドライカノコポロシャツの魅力について、ご紹介します。


ユニクロのドライカノコポロシャツ

出典:ユニクロ HP

ブランド:ユニクロ
アイテム:ドライカノコポロシャツ
価格:1,990円
URL:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/180719/


とにかく機能性にこだわり抜いたユニクロのドライカノコポロシャツ。

肌に当たる裏面に柔らかな糸を使用したり、前立てや裾裏の縫い代を薄くしたりと、徹底的に肌当たり触りにこだわっているだけあり、一日中着ていてもポロシャツ特有の固さを感じることは全くありません。

また、汗をかいた後も乾きやすいドライ機能がプラスされているので、汗をかいてしまった後でも、蒸れを感じたり、汗ジミを長時間気にしたりしなくても良いのは非常に嬉しいポイントです。

「汗をかくと暑苦しい」男性と、「汗をかいても爽やかな」男性の違いは、実は服装による印象が大きいと言われています。

汗ジミが大きくついた服を着ていると「暑苦しい」印象を、汗をかいても汗ジミがついていない服を着ていると「爽やかな」印象を与えることになるのです。

デザイン面を見てもシンプルで、着回しのし易い見た目になっている一方で、上品な光沢感のある希少素材を表地に使用することで、ポロシャツが持つカジュアルな印象を抑えてくれるバランス感を発揮しています。

ジーンズやアンクルパンツ、ショートパンツにも合わせられるアイテムなので、UNIFORMとしてヘビーローテーションしていくアイテムになります。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA